「ブルボン家」 BZ Lexikon(150)

地味に続けてきたこのコーナーですが、お陰さまで今回150回目を迎えることができました。正直、だからといって語彙力が格段にアップしたとか何かが飛躍的に向上したという実感もありませんが、「チリも積もれば山となる」をモットーにこれからも続けていきたいと思います。2月7日の紙面より。
Lexikon: Das Haus Bourbon(ブルボン家)
Die Bourbonen sind eines der ältesten europäischen Adelsgeschlechter, deren Zweig im Lauf der Jahrhunderte Frankreich, Spanien und Sizilien regierten. König Juan Carlos I. von Spanien, der gestern Berlin besuchte und heute in Baden-Baden den Deutschen Medienpreis erhält, ist derzeit das einzige Staatsoberhaupt des Hauses. Der Name geht zurück auf das Schloss Bourbon in der alten französischen Landschaft Bourbonnais. Den spanischen Thron behaupteten die Bourbonen (Haus Bourbon-Anjou) in direkter männlicher Linie bis zum Tod König Ferdinands VII. 1833. Ihm folgte seine Tochter Isabella II. (1833-1868), nach deren Vertreibung ihr Sohn Alfons XII. 1874 wieder als König anerkannt wurde. Aus dieser Linie stammt auch Juan Carlos I.
訳)ブルボン家はヨーロッパ最古の貴族の家系の一つで、その傍系は数世紀に渡ってフランス、スペイン、シチリアを支配した。昨日ベルリンを訪問し、今日バーデン・バーデンでドイツメディア賞を授与するスペインのフアン・カルロス1世は、現在この家系の唯一の国家元首である。ブルボンという名は、かつてフランスのブルボンネ地方にあったブルボン城に由来する。1833年のフェルナンド7世の死まで直属の男系だったブルボン家(ブルボン・アンジュー家)は、スペイン王位を主張した。その跡を継いだのは娘のイザベル2世で、彼女が追放された後は息子のアルフォンス12世が1874年に再び王として認められた。フアン・カルロス1世もこの家系に属する。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA