パリ・オペラ座のヤナーチェク《利口な女狐の物語》

音楽好きの知人から、「今ネットでこういうものが観られるよ」と教えてもらった情報より。この秋にパリのオペラ座(バスティーユ)で行われた、ヤナーチェクのオペラ《利口な女狐の物語》の舞台が12月末までパリ・オペラ座のサイトから無料で観ることができます(ページ中ほどのaccédez à la vidéoをクリック。英語字幕付きも選べます)。
一般的にはあまり知られた作品ではないかもしれませんが、これは人間と動物の生命の流転をテーマにした私の大好きなオペラの一つ。このパリの演出では、最初の序曲の裏で演じられるパントマイムとラストシーンでのそれとが見事な円環、対をなしており、もう一度最初のシーンを見直してみて、はっとさせられました。視覚的にも大変美しい舞台で、特に女狐役のソプラノ歌手がチャーミング。1時間半の作品なので、忙しい現代人にもちょうどいい長さだし、晩年のヤナーチェクが描いたあの壮大にして感動的なフィナーレをぜひ味わっていただきたいです。
期間限定とはいえ、こういう最新の上演がネットで(しかも音質・画質ともかなりのクオリティーで)観られるというのはありがたい時代になったものだと思います。
もしこのオペラに興味を持たれたら、今月17日からベルリンドイツ・オペラでの上演があります(指揮:ローター・ツァグロゼク、演出:カタリーナ・タールバッハ)。日本ヤナーチェク友の会が出しているこのオペラの対訳本も、大変丁寧な作りでおすすめです。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



5 Responses

  1. zaichik49
    zaichik49 at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    小澤征爾さん指揮、松本での公演VTRをパリで試写したことがありますが、ヤナーチェクのこの曲は難解で聴きづらかった記憶があります。演出は動物がたくさん出てくるので入りやすい楽しいものだったんですが。
    ベルリンのオペラ座でも行こうかと思いましたが、結局分かりやすい「魔笛」にしました。この間の仕事依頼、オペラが気になるこの頃です。また皆さんでご一緒しませんか?

  2. 焼きそうせいじ
    焼きそうせいじ at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    当地のネット接続環境が悪くて、なかなか満足な状態で再生できませんでしたが、何とか通して見ました。私もラストシーンにとても感銘を受けました。今まで見たこの作品の舞台と映像で一番だったかもしれません。今月末まで見られるので、あと一回くらいアクセスしたいと思っています。

    それにしても、ベルリンは1度、東京は17度ですか。こちらは何度か分かりませんが、昼間の職場はエアコンが回り続けています。

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    zaichik49さん
    数年前にご一緒したドイツオペラでの「マクロプロス事件」は感動的な舞台でしたよね。機会があればまたぜひ!日曜日を楽しみにしています。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    焼きそうせいじさん
    オペラの情報、ありがとうございました。私ももう一度は観ようと思っているのですが、自宅のPCがいまだにネットに接続できない状況なのでどうなるか・・・
    そちらはエアコンが入っている状況ですか。ベルリンからは想像できません。またいつかヤナーチェクのオペラをご一緒できる機会があることを!

  5. ジョニィー
    ジョニィー at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。
    お元気ですか。
    先日貴殿のブログを開きましたところ、お休みと言うことで心配しておりましたが、回復したようなのでコメントいたします。
    パリのオペラ座お話でしたので、一言オペラ座の屋根裏で蜜蜂を飼っておりまして、その蜂蜜が評判が良いとか。
    ぜひ一度買い求めてパンなどにつけて食べた感想をレポートしてください。
    お待ちしております。

Comment

CAPTCHA