アネッテ・ダッシュのサロン・コンサート

Foto: Daniel Pasche
クラシック音楽シーンで、アネッテ・ダッシュ(Annette Dasch)という名前を最近よく耳にする。ダッシュはベルリン生まれの若手ソプラノ歌手。豊かな声と容姿にも恵まれ、若くしてすでに各地の歌劇場で活躍してきたが、2007年にザルツブルク音楽祭でハイドンのオペラ《アルミーダ》のタイトルロールを歌って成功を収め、一躍注目を集めるようになった。ザルツブルクには今夏も《ドン・ジョヴァンニ》のドンナ・アンナ役で招かれ、つい最近はドイツの権威あるレコード賞である「Echo Klassik 2008」のオペラ・アリア部門で受賞するなど、まさに縦横無尽の活躍ぶりを見せている。
世界的な名声を築きつつあるダッシュだが、もう1つ、生まれ故郷のベルリンで力を入れている活動がある。シュプレー河畔にあるアートスペース「Radialsystem V」で、今年から定期的に開催している「ダッシュ・サロン」(Annettes DaschSalon)だ。これはドイツ語で「コインランドリー」を意味する「Wasch Salon」と掛けた造語。普通のリートコンサートとは一味違うというので、11月に行われたコンサートに足を運んでみた。
会場の舞台にはソファーや調度品などが置かれ、くつろいだ雰囲気が醸し出されている。やがてそこに、やや緊張した面持ちでダッシュは登場し、シューベルトの「さすらい人が月に寄せて」を冒頭に歌った。この日のプログラムは、ブラームス、R.シュトラウス、フォーレ、シマノフスキといった作曲家の、「月」にまつわる曲ばかりが選ばれた。ダッシュ自身は歌うのみならず、マイクを持ってホスト役にもなり、屈託のない笑顔でゲスト出演者とのトークを楽しみ、時には音楽の解説もする。この日共演したピアニストで姉のカトリン・ダッシュやソプラノのアンナ・プロハスカ、バリトンのディートリヒ・ヘンシェルといった人たちは、ダッシュと個人的なつながりがある人ばかり。私も、彼女の自宅に招かれてサロン・コンサートを楽しんでいるような気分になった。合間には、ダッシュが客席にやって来て一緒に詩を朗読したり、観客全員が4声に分かれてドイツの民謡を歌ったりと、聴き手側も参加できるのが面白い。プログラムの最後に置かれた、シューマンの「月の夜」での静謐な歌も印象的だった。
「出演するオペラ劇場が大きくなるにつれ、自分たちのしていることが匿名性を帯びてくる」と彼女はインタビューで語っている。自ら「ホームグラウンド」と呼ぶベルリンで親しい友人や同僚、親戚を招き、お客さんの顔の見える距離で歌うこのサロン・コンサートは、ダッシュ自身にとっても歌うことの楽しさを再確認させてくれる大事な場なのだと思った。
多忙を極めるアネッテ・ダッシュは、2012年までスケジュールがいっぱいだという。だが、「ダッシュ・サロン」での彼女を見ている限り、「気高いプリマドンナ」というイメージとは今後も無縁であり続けそうだ。
ドイツニュースダイジェスト 12月5日)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



8 Responses

  1. ぷーいち
    ぷーいち at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    アネッテ・ダッシュ、とても期待している歌手です。新国立劇場「ホフマン物語」でアントニアを歌った時はまだまだ知名度が低かったのにあっという間にスターになりましたね。個人的には2006年のブレーメンで見たヘンゲルブロックの「羊飼いの王」(ザルツブルクのプロダクション)がとても素晴らしかった。歌い方がチャーミングで技術もある。演出も面白くて、彼女のアリアで、その場で駆け足ししているように歌うシーンがあったのですがまさに「ダッシュ」だなと。
    去年はバレンボイム&リンデン日本公演のDGでドンナ・エルヴィーラを歌いましたがこのときはやや不調気味だったのが残念。

    「ダッシュサロン」は面白そう。こういう催し物こそ、地元に住んでなきゃ体験できませんね。うらやましい!!

  2. miharu
    miharu at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    2003年に、東京のホフマン物語で一緒にお仕事しました。まだ26歳くらいでとても可愛かったです。年が近くて当時は仲良くさせていただき、その後ブレイクしてからも、東京やウィーンで演奏がある時は、楽屋に挨拶に行くと、相変わらず可愛くてはじけてます。アンネッテは強くしなやかな女性ですよね。ホフマンの時は、公演中に彼女のお父さんがお亡くなりになったのですが、非常に辛い心境の中、壮絶なアントニア(父とのくだりがたくさんある)を演じ歌いきり、本当に凄かったです。

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >ぷーいちさん
    さすがお詳しいですね。コメントありがとうございます!
    ダッシュは、レシュマンやシェーファーらに続くドイツ人女性歌手のスターとして、こちらでの期待度も高まっている気がします。今月末のダッシュサロンはすでに売り切れだそうで、他にはベルリン放送響の第9にソリストとして出演することになっています。

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >miharuさん
    貴重なお話をありがとうございます!何だか急にアネッテさんが身近な存在に感じられてきました。彼女は子供の頃ガールスカウトの活動を熱心にしていて、皆と一緒に歌うことの楽しさはそこで学んだとインタビューで繰り返し語っています。僕の周りにも、昔から彼女を知っているという方が何人かいるんですよ。今度はオペラでの舞台を観たいです。

  5. にわやま
    にわやま at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    先日は偶然お会いできて(しかも隣りなんて)、嬉しかったです。
    今週のBPOのプロ、ソプラノ降りてダッシュになりましたね。
    日曜はダッシュサロンがあるのでこれまた別の歌手ですが
    木曜土曜は彼女です。楽しみ~!

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >にわやまさん
    久々のコメントありがとう!先日はこちらこそうれしかったです。
    ダッシュは本当にあちこちから引っ張りだこのようですね。
    フィルハーモニー大ホールはしばらくご無沙汰しているのですが、来週のシューマンのプロは絶対聴きに行こうと思っています。

  7. Berlin Katze
    Berlin Katze at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    カトリンは、妹ではなく、お姉さんです。

  8. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    Berlin Katzeさん
    ご指摘ありがとうございます。早速訂正しました。

Comment

CAPTCHA