州立歌劇場の引っ越しの日

この9月からいよいよ大規模な改装工事が始まったベルリンの州立歌劇場(Staatsoper)。丸3年間に渡る工事期間中は、西側のシラー劇場が仮の本拠地となるのですが、9月19日に行われた引っ越しは、その特別な趣向で話題を集めました。
それは、州立歌劇場のあるミッテ地区からシラー劇場のあるシャルロッテンブルク地区へ、歌劇場の関係者が船に乗ってやって来るというものです。この日の夕方、船が到着するゴスコフスキー橋に行ってみると、すでに大勢の人々が周辺に集まっていました。そして18時頃、最初の船が着岸すると、周囲から大きな拍手で迎えられ、ベルリン・ドイツオペラの児童合唱団が歌で歓迎しました。シラー劇場はドイツオペラから徒歩10分ほどの距離で、この2つのオペラ劇場はしばらくの間、ご近所同士になるのです。音楽監督のダニエル・バレンボイムと劇場支配人のユルゲン・フリム夫妻が上機嫌で人々の前に姿を現すと、やがてシュターツカペレのメンバーや歌手、合唱団を乗せた計4隻の船も無事到着しました。
今度はシラー劇場に舞台が移ります。フリムの掛け声で劇場のドアが開くと、待ち受けていた大勢のファンがなだれ込みました。“Kleine Nachtmusik”と題した入場無料のコンサートが皆さんのお目当てだったのですが、あまりの人混みで座れない人が続出。急遽舞台上にも椅子が組まれることになりました。その間、フリムが司会者となって開演までの間をもたせたのですが、そこで彼が始めたのが「劇場最初のリハーサル」。あるフレーズをお客さん全員に朗読させたり、上と下の階で分けてブラボーとブーイングを大音量で交互にさせたりと、この「音響チェック」により、演奏が始まる前から舞台の盛り上がりは最高潮に達しました。
やがて、シュターツカペレがバレンボイムの指揮で、モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」を華やかに奏でると(サプライズでバレンボイムのピアノのアンコールも)、この歌劇場のお馴染みのソリストたちが数曲ずつアリアやリートを、そして最後は専属の合唱団が「カルメン」や「タンホイザー」などから壮麗な歌を歌い上げました。
シラー劇場の前で入場を待ちわびる人たち
改装されたばかりのシラー劇場は、元々は演劇用の劇場のため客席がやや窮屈に感じられたものの、音響はなかなかのものです。今シーズン最初のプレミエは、先日惜しまれつつこの世を去った舞台・映画監督クリストフ・シュリンゲンジーフ演出の『メタノイア』。州立歌劇場の新しいシーズンから目が離せません。www.staatsoper-berlin.org
ドイツニュースダイジェスト 10月8日)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



6 Responses

  1. CORCOVADO
    CORCOVADO at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    さすがに本場ならではのお引っ越しですね。私はピアニストで活躍されていた頃からのバレンボイムのファンですが、まだ一度もなまの姿を拝見していません。アイネ・クライネやアンコールのピアノ曲などお聞きになられてうらやましい限りです。

  2. キートス
    キートス at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    いよいよ、Staatsoperの噂の改装工事始まりますね。しかしそのお引越しを催し物にするのもまた、さすがベルリンですね。

  3. bach!!
    bach!! at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    意表を突いた凝った演出、楽しめたでしょうね。船上での「水上の音楽」はなかったのですか? 私も、シュプレー川をさっそうと船で移動してみたくなりました(笑)。「劇場最初のリハーサル」もユーモアたっぷり!バレンボイムは何を弾いたのかも気になります・・・。
    3年間の大がかりな工事なのですね。趣きも変わってしまうのでしょうか・・・。一昨年、バレエ(くるみ割り)を鑑賞できたことは、今にして思えばよい記念になりました。

  4. fachwerkstrasse
    fachwerkstrasse at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    これをみてると、やっぱり劇場やオーケストラ、そして芸術が市民から愛されているのだなぁ、と、ベルリンではしっかりと街の中に根付いているのだなと、しみじみ感じます。ここまで「イベント」となるような街は、他にないんとちゃうかなぁ、と(音楽祭とかあっても、どうもその世界と巷の世界とが乖離してて、まるで別世界なんですよね…) それはそうと、ブロムシュテット=ゲヴァントハウスがツアーをやってて「追っかけ」してきました。期待に違わぬ名演で本当に「幸せやなぁ」と感じましたよ!近々こちらでもアップしますね!

  5. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    CORCOVADOさん
    本当にベルリンならではの引っ越しだったと思います。バレンボイムは、太い葉巻を手にもって、終始ご機嫌でした。その貫禄たるやすごかったです。

    キートスさん
    オペラのイベントにこれだけ多くの市民が集まるのも、素晴らしいなと思いました。近々新劇場に足を運ぶのが楽しみです。

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    bach!!さん
    シュターツカペレのメンバーによる、「水上での音楽」もあったようですよ。ちなみに、バレンボイムのアンコールは、シューベルトの即興曲でした。3年後の再オープンの時はどうなっているのでしょう。階を1つ減らして舞台が半分しか見えない席をなくすという話も聞きました。

    fachwerkstrasseさん
    ブロムシュテット=ゲヴァントハウスのツアーの追っかけの様子、楽しく拝読しました。充実した旅になったようで。サイン会でのやり取りも傑作でした。

    >音楽祭とかあっても、どうもその世界と巷の世界とが
    >乖離してて、
    これ、よくわかります。例えば映画祭とかでも、ベルリンとカンヌ、ヴェネチアを比べると一目瞭然ですよね(後者2つは写真や映像で見たことがあるだけですが)。僕も、市民が誰でも参加できるお祭りの方が好きだなあ。

Comment

CAPTCHA