元薬局のチョコレート屋さん

先日、久々に会った友達と、前から一度行ってみたいと思っていたチョコレート屋に足を運んでみました。外観はそれほど目立たないのですが、中に入ってみて重厚な内装に驚くことになります。
こちらがカウンター。高い天井とスタッコの彫刻。それだけでなく、木製の家具の重厚なこと。何も知らないでいきなり来た人は、ここで飲み物の注文をするだけでも緊張してしまいそうです。
冒頭に答えを書いてしまいましたが、このチョコレート屋さん、元々は薬局だったのです。それも、1892年に創業したという古い古い薬屋。いつまで薬局として営業していたのかは知りませんが、現在建物は文化財に指定されています。そのため、内装を大きく変えることはできず、薬屋時代の棚や引き出しがそっくりそのまま引き継がれているというわけなのです(オープンは2009年6月)。ぎっしりとおいしそうなチョコレートが収められたこの向こうには、小さなカフェのスペースがあり、さらにその奥には子供用の小さな遊び部屋も用意されていました。
入り口近くの大きな窓からの眺めもよかったです。向こう側に見えるのは、『素顔のベルリン』のシェーネベルクの章でも紹介している、硬質レンガを使った珍しい装飾のアパート。1895年建造なので、手前の薬局が建てられたのとわずか3年違いということになります。
このWinterfeldt Schokoladenは、名前の通りヴィンターフェルト広場のすぐ南側(最寄り駅はU Nollendorfplatz)。カフェとしても利用でき、ここのホットチョコレートはなかなかおいしかったです。この2軒先には、私がベルリンに来た当初から時々通う韓国料理のインビスがありますが、その話はまたいずれ。
Winterfeldt Schokoladen
Goltzstraße 23/Ecke Pallasstraße
10781 Berlin
Tel.: +49 030 23 6 23 25 6
http://www.winterfeldt-schokoladen.de
Mo-Fr 9:00-20:00
Sa, So 9:00-18:00

sponsored link



LINEで送る
Pocket



3 Responses

  1. noriko-happylog
    noriko-happylog at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    わーー、なんて素敵なチョコレート屋さん!入ってみるとなんだか圧倒されそうですね。歴史ある建物が中身は変わってもずっと残されて行くというのはいいことですね。ホットチョコレート、懐かしいです. . . 。次ベルリンに行ったら(5年後?10年後?笑)是非寄ってみたいお店のひとつです^^ところで、販売してあるチョコレートは高めですか?

  2. Aya
    Aya at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    この頃忙しくてカフェ巡りができていないので、なつかしく拝見しました。というのも、オープンしたての頃にちょうど通りがかり、ここで休憩したことがあったのです。まだ外からはカフェとわからず、町にもなじんでなかったので、店の前に出ていた「アイスの屋台」が広告塔として頑張っていました。(娘がここで引っかかり、初めてカフェだとわかったくらいで)。店の中はがらんとしていて、一瞬、この店はどれくらい続くのかなあと心配になったのですが、今は商品もふえ、立派な看板もついてがんばってるみたいでほっとしました。また機会があればのぞいてみようと思います。この通りはカフェ通りですからね・・・私のお気に入りの通りの一つです。これからますます日が短く、暗くなりますが、あたたくておいしい、ベルリンのカフェで乗り切りましょうね。

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    noriko-happylogさん
    こちらではお久しぶりです!norikoさんがベルリンにいらっしゃったら、ぜひご案内したいお店ですね。ドイツ国内だけでなく、輸入物のチョコレートも多く揃えていたので、全体的に若干高めかもしれません。それでもカフェとして気軽に入れるお店です。

    Ayaさん
    執筆等で忙しい日々をお過ごしのことと思います。このお店ご存知でしたか!店自体は以前からあったようですが、この通りに越してきたのは比較的最近のようですね。今回初めて中に入りましたが、内装が素晴らしく、ホットチョコレート1杯飲むだけでも中に入る価値はあるかも。11月は確かに試練の月ですよね(笑)。たまにはカフェに足を運んで、リラックスしてください。

Comment

CAPTCHA