NHK「テレビでドイツ語」2月号

NHK「テレビでドイツ語」2011年1月号のテキストが発売になりました。「映画で歩くベルリン」も残り2回となり、今回は人気作の『グッバイ、レーニン!』を取り上げています。DDR(東ドイツ)を味わえるレストラン、アレックス一家のモデルとなったアパート、ビリー・ワイルダーとの意外なつながり、「オスタルジー」、DDRの反体制運動に携わった人に聞いた話などなど。お手に取ってご覧いただけると幸いです。
最新号のトピック(NHK出版のHPより)
今月はベルリン観光の穴場、地下世界ツアーや日本ショップを案内し、ベルリンならではのファッションブティックも訪れます。「いつ」「どこで」といった疑問文を中心に学び、また、買い物の際などに感想を述べる表現も覚えましょう。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



3 Responses

  1. yumikov
    yumikov at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    アレックス一家のモデルとなったアパートどこだろう。レーニン像が見えるとこからしてMollstr.あたりかと踏んでるのですが。

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    yumikovさん
    そのアパートはカール・マルクス・アレーからBerolinastr.に入って割とすぐのところにあります。アレックスから徒歩5分ぐらい。あの映画を見た方なら、すぐにわかると思いますよ。

  3. yumikov
    yumikov at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    Kino Internationalの裏手あたりなんですね。今度のぞきに行ってみます。

Comment

CAPTCHA