発掘の散歩術(9) -ドメーネ・ダーレムで体感する農村生活-

ドメーネ・ダーレムの広大な牧草地
19世紀後半、ドイツ帝国の首都となるまで、ベルリンはヨーロッパの一地方都市に過ぎない規模の町だった。当時の地図を見ると、現在のミッテを囲む城壁の外は、広大な牧草地や畑が広がり、時おり村が点在する程度だったことがわかる。ヴィルマースドルフやツェーレンドルフなど、Dorf(村)が語尾に付く地名にその名残は残っているわけだが、今回はベルリン市内に残る貴重な農村生活をご紹介したい。
地下鉄U3ダーレム・ドルフ駅(Dahlem-Dorf)に降り立つと、わらぶき屋根の何とも味わい深い駅舎が迎えてくれる。都心部に比べて、心なしか空気までもが澄んでいるように感じられるほどだ。そう遠くない昔、ここは確かに村だったのだと思いながら、大通りを渡ってすぐ左側の入り口から「ドメーネ・ダーレム」の中に入った。久々に足を運んだ3月最後の日曜日、偶然にも「春祭り」が開催されており、大勢の家族連れで賑わっていた。
「ドメーネ」とは、「公用地、御料地」を意味する。ここの歴史は800年以上に及び、騎士農場だった時代を経て、1841年からはプロイセンの王立御料地となった。19世紀後半、人口が100万人に到達しつつあったベルリンにおいて、ここで生産される牛乳は、とりわけ重要な供給品だったそうだ。戦後、郊外の宅地化が進み、ほかの農場は次々と閉鎖されたが、市民の努力の甲斐あって、ここだけは農業と食文化をテーマにした広大な野外ミュージアムとして残されたのである。
現存するベルリン最古の建物の1つ、領主の館
ミュージアムと言っても、この中に入ると、誰もが突然田舎の農場に紛れ込んだような気分になるだろう。まず訪れるべきは、領主の館(Herrenhaus)。何度か増築されているものの、元々は1560年に造られたベルリン最古の住居の1つである。ベルリンの農業や食文化についての企画展のほか(展示は季節によって変わる)、特に楽しかったのは1階の「エマおばさんの店」。1920年代のベルリンでは街のいたるところにあった商店が、実際に使われていた家具や容器と共に再現されている。当時の衣装を着たおばさんが、笑顔で飴などを売ってくれる。
3月末の春祭りから
館の前の中庭には、馬小屋、馬車置き場、鍛冶屋などが当時のまま並んでおり、天気の良い日には屋外でオーガニックの食事も楽しめるようになっている。また、ここで栽培された野菜や果物を買えるお店(Hofladen)もある。
その奥は広大な牧草地だ。道なりに沿ってのんびり歩いていると、時々女性の手に率いられた馬とすれ違ったり、牧草にたたずむ牛や羊の群れ、案山子に出会ったりする。どこか気持ちが和らいでくるのは、普段あまり感じない土の感触と匂い、見渡す限り広がる緑、そこでくつろぐ動物たちの姿、たまに聞こえる「モオー」という鳴き声、これらが五感を通して伝わってくるからだろうか。公園の緑とはまた少し違った自然の恵みに感謝したくなる。
特にこれからは最高の季節。ツォー駅から地下鉄でわずか20分ほどの、大都市の中の田舎をぜひ体感してほしい。
ドイツニュースダイジェスト 4月15日)
Information
ドメーネ・ダーレム
Domäne Dahlem

エマおばさんの店
月~土の日中は敷地内のHofladenで有機栽培の野菜や新鮮な肉類が販売されているほか、毎週土曜の8時~13時にはエコマーケットが開催されている。4月のイースターエッグ探し、5月のソーセージ選手権、秋のじゃがいも祭りや収穫祭など、家族連れで楽しめる行事も定期的に開催されており、子ども向けのワークショップも盛んだ。
開館(博物館):火曜を除く10:00~18:00。1~2月は閉館。
3月は週末のみ開館。
住所:Königin-Luise-Str. 49, 14195 Berlin
電話番号:(030)6663 000
URL:www.domaene-dahlem.de
ダーレム博物館 
Museen Dahlem

ダーレム・ドルフ駅からベルリン自由大学に向かって徒歩5分、プロイセン文化財団運営による博物館。民族学博物館とアジア美術館から成り、主に非ヨーロッパ系の充実したコレクションを揃えている。江戸時代の町人文化を克明に描いた絵巻物『熈代勝覧』(きだいしょうらん)のオリジナルは、ここに所蔵されている。
営業:火~金10:00~18:00、土日11:00~18:00
住所:Lansstr. 8, 14195 Berlin
電話番号:(030)830 1438
URL:www.smb.museum

sponsored link



LINEで送る
Pocket



2 Responses

  1. momotaro
    momotaro at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。色々とドイツつながりで渡り歩いていましたらこちらに行きつきました。ベルリンには留学時に友人がいたので年末年始に寄せて頂いた経験があります。当時はまだ中央駅が建設中で、ガラス張りの構内の工事現場の中を列車がZoo駅方面へ通過するという不思議な光景を味わったことがあります。いまやその駅がメインとなり、また訪れたいですね。
    大変情報量が多く、とても面白く読ませて頂いております。いつかベルリンへまた行く機会があれば是非こちらで紹介されているお店や施設に行ってみたいと思います。

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    momotaroさん
    はじめまして、コメントありがとうございます。
    ベルリン中央駅は今月末で5周年を迎え、お祭りも予定されているそうです。周辺はまだ空き地が多いですが、これから少しずつ開発されるとか。またいつでも遊びにいらしてくださいね。

Comment

CAPTCHA