第1アドヴェントのウィーン

Stephansdom Wien (2012-12-03)
この2週間の間に、ウィーンに2度ほど行く機会がありました。最初は雑誌の取材で、そして先週末はプライベートで(これは数ヶ月前から計画していた旅でした)。先週末はちょうど第1アドヴェントと重なったので、ウィーンのクリスマスの様子を何枚かご紹介したいと思います(今回はモノクロ写真で)。
王宮の入り口にあるミヒャエル広場(Michaelerplatz)。モーツァルト時代の旧ブルク劇場はこの広場に面していたようですが、記念プレートらしきものは見つけられませんでした。
その先、Herrengasseに面したCentralという著名なカフェ。とても寒い日で、少し並んでからようやく中に入れました。カフェとは思えない優美な天井が印象的。
市庁舎前のクリスマス・マーケット。売っているものがドイツのマルクトと微妙に違っていて、面白かったです。あまりに寒かったので、アム・ホーフのマルクトで帽子を買いました。
賑やかなアム・ホーフから奥に一歩入っただけで、人通りがぱったり途絶えました。ここは昔ユダヤ人の居住地区だったJudenplatz。右に見えているのは、ウィーンのホロコースト記念碑です。人の気配のない広場でたたずんでいると、遠くに馬車の音がこだましました。
床が低い最新型のトラムも増えてきましたが、まだまだ昔ながらの(?)路面電車が活躍していて、彼らが織りなすテンポ感にほっとさせられます。
国立歌劇場裏のCafé Mozartにも行きました。どのカフェも重厚な雰囲気で素敵だったなあ。とはいえ、ウィーンの中心部でメランジェを1杯注文すると、平均3.7ユーロぐらい。ベルリンに比べると、大分高めに感じられたのも確かです。
カフェもよかったけれど、なんといっても最高だったのはウィーンで聴いた音楽!今回のウィーン行きのお目当てだったウィーン・コンツェントゥス・ムジクスのモーツァルト、翌日立ち見券(5ユーロ!)で何とか聴けたウィーン・フィルの定期演奏会(特に、ビシュコフ指揮のチャイコフスキーの第5交響曲が本当に素晴らしかった)、そしてやはり立ち見(4ユーロ!!)で聴いたオペラ《愛の妙薬》。後の2つは長時間の立ちっぱなしで疲れたけれど、「はるばる来た甲斐があったなあ」としみじみ思わせてくれるものでした。
ある雑誌にウィーンについてのエッセイを書かせていただくことになったので、何を書こうかあれこれ考えを思いめぐらせているところです。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



8 Responses

  1. Daisaku OOZU
    Daisaku OOZU at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    ウィーンは、夜の裏通りと音楽の立ち見、オペラの天井桟敷が良いのです。雰囲気をありありと思い出させてくれる写真と文が嬉しいです。

  2. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    Daisakuさん
    私のつたないウィーンの写真に反応(共感?)してくださり、うれしく思います。Daisakuさんも同じことを感じられていたのですね。クリスマス・マーケットの華やかさと裏通りの静寂さの対照は、寒さの中、強烈に印象に残りました。

  3. Aya
    Aya at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    まさとさん
    モノクロxウィーン、素敵なコンビネーションですね。なんだか、ひとつの物語の幕が上がったかのような味わいのあるエッセイで、旅気分を満喫させていただきました。そして、カフェ。ああ、うらやましいです。Centralは実は長年憧れ続けているカフェの一つで、まだいったことがないんです。生写真が見れてうれしかったです(笑)。同じドイツ語圏でも、趣の違うウィーン。オーストリアの中でも、際立っていますよね。新作エッセイも楽しみにしています!

  4. einzelkind
    einzelkind at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    モノクロの写真がとてもいいですね。ツェントラル,ザッハ−、デメル、モーツァルト。ウイーンはカフェの街ですね。

  5. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    Ayaさん
    コメントのお返事が遅くなり、ごめんなさい!
    Centralは、あやさんの憧れですか。よくわかる気がします。あの重厚できらびやかな感じ、そしてテキパキ動き回る給仕の姿は、北ドイツではそう見られるものではありませんから。ぜひいつか体感しに行かれてみてください。

    一方で、(あくまで個人的な所感ですが・笑)内容面に関しては圧倒的にベルリンのカフェに軍配を上げたくなったのも事実です。メランジェなんかちょびっとしか入っていなくて、「これで4ユーロ?!」と思ったことが何度かあり、カフェのメニューによくあるグリルチキン入りのサラダを頼んだ時は、ベルリンのカフェでいつもいかに気前よく盛りつけてくれていたか、しみじみと感じ入りました。とはいえ、ウィーンも僕にとって興味が尽きない町で、何度でも行きたいですね。

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    einzelkindさん
    ありがとうございます。そう言っていただけるとうれしいです。ウィーンでは、カフェを巡りながら街のスナップ写真を撮るのが本当に楽しかったです。

  7. をやぢ
    をやぢ at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも楽しく拝見しております。初めてコメントいたします。興味がおありでしたらウィーンの建築ガイドを御覧ください。

  8. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    をやぢさま
    ありがとうございます。住宅や駅、水門など公共の建物まで、ウィーンの建築も実に興味深いですね。またぜひゆっくり訪れたいと思います。

Comment

CAPTCHA