BZ Lexikon(52) 「教皇庁護衛隊」

ベルリンはここしばらく凍てつく寒さが続いています。1月21/22日の紙面より。
Lexikon: Schweizergarde(教皇庁護衛隊)
Die Schweizergarde ist seit 500 Jahren die “Armee” des Papstes. Sie besteht aus etwa hundert Mann. Am 22. Januar 1506 war die erste Truppe in Rom einmaschiert, nachdem Papst Julius Ⅱ. die als kirchentreu und tapfer geltenden Schweizer um Soldaten gebeten hatte. Noch heute werden nur ledige, katholische Eidgenossen aufgenommen, die mindestens 1,74 Meter groß sind. Die Gala-Uniform leuchtet bis heute in den Farben der Medici-Päpste – gelb, blau, rot.
(メモ)
der Eidgenosse: (宗教的・政治的)同盟者、(特に)スイス国民
訳)(スイス人の)教皇庁護衛隊は500年来教皇の「軍隊」で、約100人の男性からなる。教皇ユリウス2世が、教会に忠実で勇敢と見なされていたスイス人に軍人になってもらうよう願い出た後、1506年1月22日、最初の軍隊がローマに入場した。今日でも、身長は最低で1メートル74センチ、独身でカトリックのスイス国民だけが受け入れられる。礼服は、今日に至るまでメディチ家の教皇のカラーである、黄色、青、赤の3色に輝いている。
(言葉の背景)
この日曜日、教皇庁護衛隊が誕生してからちょうど500年目を迎える。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA