BZ Lexikon(112) 「緑の丸天井」

Photo: dpa

2006年はザクセン州の都ドレスデンが誕生してから800年という記念の年で、800年祭が盛大に祝われています。昨年はフラウエン教会が再建されて世界的な話題を呼びましたが、この9月1日、戦争終結から61年を経てまた一つドレスデンの至宝が甦りました。9月1日の紙面より。

Lexikon: Grünes Gewölbe(緑の丸天井)

Das Grüne Gewölbe ist die Schatzkammer im Dresdner Residenzschloß: Kurfürst August der Starke (1670 bis 1733) ließ die tresorartigen Zimmer um 1729 einbauen, um hier seine kostbare Sammlung zu zeigen. Es ist damit eines der ältesten Museen Europas. Ihren Namen verdankt die “Geheime Verwahrung”, so der ursprüngliche Name, malachtgrünen Abfärbungen einzelner Bauteile. Im Februar 1945 zerstörten Bomben drei der acht Räume. Seit dem 7. September 2004 ist das Neue Grüne Gewölbe mit zehn Räumen im ersten Stock des Westflügels des Schlosses geöffnet. Heute wird das restaurierte und rekonstruierte Historische Grüne Gewölbe wieder eröffnet.

sponsored link

訳)「緑の丸天井」とは、ドレスデンのレジデンス城にある宝蔵のことである。すなわち、選帝侯アウグスト強王(1670-1733)が1729年頃、ここに貴重なコレクションを展示するため貴重品収納室風の部屋を組み込ませた。それゆえに、その宝蔵はヨーロッパ最古のミュージアムの一つである。「(緑の丸天井の)秘密の保管庫」という本来の名前は、いくつかの建築部分におけるマラカイトグリーンの染色に負うている。1945年2月の爆撃によって、8つの部屋のうち3つが破壊された。2004年9月7日以来、城の西翼の1階に10部屋を持つ「新しい緑の丸天井」がオープンしている。今日、修復・復元された歴史的な緑の丸天井が再オープンする。

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA