名門歌劇場の行方

今年9月、ベルリン州立歌劇場(Staatsoper Berlin)が一般公開された。日ごろ見ることができない舞台裏やリハーサルの様子に触れられるとあって、大勢の人が押し寄せた。
この日明らかになったのは、普段目に付く部分以外の、劇場のくたびれ具合だった。壁は至るところで剥がれ落ち、地下通路は何とも言えない古めかしいにおいがする。ヘルメットをかぶって地下の舞台装置を見学した際、担当者の説明に驚いた。
「この劇場は戦後の1955年に再建されましたが、舞台装置は1920年代に作られたものを、今もほとんどそのまま使っています。当時はヨーロッパ最先端だったのですが……」
同歌劇場は1743年に建てられたプロイセン最初の王立劇場に起源を持つ、ドイツでも屈指の伝統と実力を誇るオペラ座の一つである。日本にもファンは多く、10月の来日公演では大好評を博した。一方、芸術面の充実ぶりとは裏腹に、劇場本体の修復の必要性がだいぶ前から叫ばれている。しかし、事はなかなか前に進まない。いったい、どういう事情があるのだろうか?
ベルリンには同歌劇場のほか、ドイチェ・オーパー(Deutsche Oper)、コーミッシェ・オーパー(Komische Oper)という二つのオペラ劇場がある。これは、壁があった時代は東西に分かれていたのが、統一によってすべてベルリン市に組み込まれたという事情によるのだが、「一つの街にオペラ劇場が3つも必要なのか」という議論は長い間絶えることがなかった。
もう一つ、地方分権の国ドイツの特徴として、文化行政も州に任されているという事情がある。ベルリン市は州と同等の権限を持つため、州立歌劇場の所有主も国(連邦)ではなくベルリン市である。3つの歌劇場に毎年1億1200万ユーロ(約185億円)という補助金が市から注がれているが、これは市の文化予算全体の3分の1に近い額だ。600億ユーロ(約10兆円)という莫大な借金を抱える市にとっては、二重の苦しみである。
そのため、昨年秋から文化部門の責任者も兼ねるヴォーヴェライト市長は、州立歌劇場を国へ移管することを繰り返し訴えてきた。ベルリンの今の懐事情では、3歌劇場の水準を維持することは非常に難しいというのが理由だ。州立歌劇場の修復に関しても、この点が長く争われてきた。だが連邦政府は、ベルリン市の申し出を明確に拒否。代わりに2億3000万ユーロ(約380億円)という修復費の大部分を引き受けることで、決着させようとしている。順調に進めば、改修工事は2010年から始まり、3年以内に終わると見込まれているが、果たしてどうなるか。事態を忍耐強く見守ってきた音楽監督のバレンボイム氏も、そろそろしびれを切らしつつある。
ベルリンが誇る州立歌劇場の伝統の音は、これまで自動的に継承されてきたわけでも、今後も確実に安泰というわけでもない。そこには政治を含めた現実とのせめぎ合いが常にあるということを、最近メディアを賑わせている一連の動きを見ていて思う。
ドイツニュースダイジェスト 11月16日)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



6 Responses

  1. Til
    Til at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >3つの歌劇場に毎年1億1200万ユーロ(約185億円)という補助金が市から注がれている
    >600億ユーロ(約10兆円)という莫大な借金を抱える市にとっては、二重の苦しみである。

    桁外れの額ですね。
    ベルリンの膨大な借金の話は聞いていましたが、3つの歌劇場を支えているというのは、知りませんでした。

    貴重な歌劇場、なんとか支え続けて欲しいものですね。

  2. 焼そうせいじ
    焼そうせいじ at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    今から7年前、国立歌劇場を大幅に削る形でドイチェオーパーと統合という案が出ていました。オペラハウスの人たちが作った反対の署名用紙を日本語に訳して、運動に協力したことがあります。マサトさんと最初にお会いしたのもそのころでした。そのときに、劇場スタッフの日本人の方が合併に賛成しているというのを聞いて、意外に思ったのですが、今ではそれがよくわかる気がします。同じような性格の膨大な費用を要するハウスが、大赤字の街に二つあるというのも?です。一つをベルリンフィルの方式で民営化して、官営のハウスと対抗させれば、面白いことになるように思えますが、その考えは出てこないのでしょうかね。

  3. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >Tilさん
    10兆円というのはうそだろうと思いましたが、600億ユーロを円に直すとやはりこの額になるのです。ベルリンというのはここまで財政的に厳しい街なのかと、現実を思い知らされた気がしました。もう少しは雇用が増えるといいのですけどねえ・・・

  4. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    焼そうせいじさんに初めてお会いした時期のことは、よく覚えています。確か公演のたびに、統合反対を呼びかけるスピーチがあったような。

    >同じような性格の膨大な費用を要するハウスが、大赤字の街に
    >二つあるというのも

    私も今となっては、どちらかというとこの考えに与します。ドイチェ・オーパーがもう少し輝いてくれればまた違うのですが。

    >一つをベルリンフィルの方式で民営化して、官営のハウスと
    >対抗させれば、

    ベルリンの3つのオペラは数年前から「オペラ・イン・ベルリン」という1つの財団のもとで運営されていますが、2009年からだったか、市からの助成金が減らされていき、そのうち完全に民営化するらしいと聞いています。

  5. grappa-tei
    grappa-tei at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    この劇場、丁度1年前、ベルリン着いた翌日、とりあえず#200のバスでこの前を通ったので降りて中に入ったら丁度その晩の出し物の売り出し時間だったので、早速列に並び、買ったのがトスカでした。ラッキーでした。フォアイエでプレッツェルでしたっけ、あれを売っていたのを思い出しました。淑女たちも結構あれを買ってそのまま立ち食いしていましたっけ。中が意外にこぶりなのもオドロキでした。でも流石に舞台裏は大きいですねー。オペラやるにはどうしてもこの位の裏の空間は必要なのですね。

  6. berlinHbf
    berlinHbf at · Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    >grappa-teiさん
    シュターツオーパーの劇場自体は比較的小ぶりですが、別館のリハーサル部屋や倉庫、工房まで含めると、やはり相当な広さだということが実感できました。ほとんど迷路のようです。

    あのトスカの舞台は、シュターツ・オーパーの中では今やもっとも古いレパートリーの一つではないでしょうか。

Comment

CAPTCHA