ノーム・チョムスキー インタビュー 「油田を持つ属国」

先日のサシャ・ヴァルツに続いて、インタビュー記事を一つ訳してみました。
8月25日のBerliner Zeitung紙に掲載されていた「油田を持つ属国」というタイトルの記事で、アメリカの著名な言語学者ノーム・チョムスキー(Noam Chomsky)へのインタビューです。
チョムスキーは現在マサチューセッツ工科大学教授。ブッシュ政権の批判的な論者でも知られています。少し堅いテーマですが、内容はかなりわかりやすいですし(私の訳が読みやすいかどうかはさておき・・)、アメリカという国家に多かれ少なかれ胡散臭さを感じている方にはぜひ読んでいただきたいです。原文はこちらで読むことができます。
BZ:アメリカのジャーナリスト、Seymour Hersh氏は、今回のレバノン戦争はあるきっかけとは無関係に計画されたものだということを見つけ出したとしています。あなたはこの戦争を、アメリカによる対イラン、あるいはひょっとしたらシリアへの戦争のテストとご覧になりますか?
チョムスキー:これはパレスチナをめぐるアメリカとイスラエルの話です。この両国は30年以上にわたって、イスラエルとパレスチナ紛争を2カ国共存で解決するということに逆らい、その解決法を妨げる事実をうまく作り出しました。つまり、西ヨルダンの肥沃な地域と最重要の天然資源を自分のものとし、パレスチナの残りの地域を生存不能な小さな群に分断したのです。ガザ地区はイスラエルの人権主義者には巨大な牢獄と呼ばれています。パレスチナ人に対して最後まで行っていた唯一の意義ある援助は、レバノンのヒズボラが指揮していました。つまり、今回の戦争の目的はヒズボラを滅亡させることだったのです。
BZ:この戦争はイランやシリアとは関係ないのですか?
チョムスキー:ヒズボラが滅んでイランの力が弱まれば、それはもちろん歓迎すべき副作用だったでしょう。イランに直面する時に有利ですから。私はシリアとの関係における状況、それを変えようとする関心が生まれることには疑問を持っています。シリアは力が弱いですし、すぐに譲歩します。もし政権が交代すればイスラム原理主義勢力に政権が移るかもしれません。
【写真】イラク戦争開戦直前のベルリンでは、反戦の嵐が吹き荒れた
(戦勝記念塔前にて。2003年3月29日)。
BZ:中東での動向はアメリカにとって望ましい方向には向かっていませんね、特にイラクですが。ワシントン政府は途方に暮れているのでしょうか、それともイラクの民主化と安定化への戦略が実際推し進められるのでしょうか?
チョムスキー:ブッシュ政権、つまりラムズフェルト、チェイニー、ヴォルフォヴィッツといった人たちはあらゆるレトリックにも関わらず、独立した民主国家イラクなどというものは全く望んでいません。彼らの本当のたくらみというのは、世界最大の石油産油国の一つであり、その領内にアメリカの基地を受け入れている属国(Vasallenstaat)の安定化を図ることなのです。今やその目的を達することは日が経つごとに難しくなるでしょう。それはアメリカがイラク戦争によってシーア派連合の成立を促進させたことによって、一層強まります。イラク、イラン、その他の国々のシーア派が集まった連合のことです。それはワシントン政府にとっては悪夢です。もしその連合がロシアと中国に基づくアジアのエネルギー・安全保障同盟に加わったら、それはさらに恐怖のシナリオとなるでしょうね。
BZ:なぜですか?
チョムスキー:第2次世界大戦以来、アメリカの外交における最重要の目的は、湾岸地域の石油をコントロールし、それを維持することだからです。石油を獲得することが、アメリカにその工業ライバル国を越える拒否権の力を与え、ヨーロッパやアジア経済に対抗する決定的な圧力の手段となったのです。かつての安全保障補佐官ズビグネフ・ブレジンスキーがそうでした。
BZ:その石油地帯にイランが含まれています。アメリカはイラクでの困難にも関わらず、イランへの軍事攻撃を実際のところ始めるのでしょうか?
チョムスキー:アメリカ軍と秘密情報機関(CIA)はイランへの軍事攻撃は表向きには否定しています。しかし、ワシントンの政策プランナーの少数一派は、極端に決意が固く巨大な力を持つ人々から成り立っています。私は、彼らが破壊的な方法をとりイランの分離主義の動きを支援するのではないかと思っています。特にイラン最大の産油地域のフーゼスターンにおいて。そのような企みはその地域、そして世界の安定にとってマイナスの結果をもたらすことになるでしょうね。
BZ:アメリカのこの攻撃的な路線に対して、反応がほとんど起きないのはなぜですか?レバノン戦争の間、平和要求の動きは消極的なままでした。
チョムスキー:これほど消極的だったのはショッキングでしたが、驚くべきことではありません。その理由の一つが、深い根を持つ西側の帝国主義的なメンタリティーであるのは確かです。アメリカとイスラエルがレバノン戦争に導いた口実も、ですから簡単に受け入れられてしまったのです。
BZ:それについてはどのように説明されますか?
チョムスキー:情報を特権的に得ることのできる人々がいます。しかしこのような帝国主義的なメンタリティーは彼らのような人々にこそ特有で、それは目に見えるものではありませんが、支配的な知的・道徳的文化の中心的な構成要素になっています。(一方)そのメンタリティーの原則は目に見えるもので、つまりこういうことです。アメリカが他者に対して行う悪業は普通の出来事と見なされ、そういうものだと容認されますが、他者から西側のわれわれアメリカ人に加えられた危害の全ては処罰に値する犯罪へと格付けされ、罰せられなければならない、ということになるのです。
BZ:では、普通の市民は?
チョムスキー:大部分の市民は、(アメリカという)彼らの名において暗黙の了解のもと実際に何が起こっているか、そしてなぜ起こっているのかを知りません。自分で調べ始めるか、偏狭な抑圧に屈服しない組織とつながらない限りは、知ることもできないのです。消極性に対するこの説明は、もちろん正当化されるべきものではありません。ですが、これは反対にむしろ、事実を知ることができる可能性があるのに知ろうとしない人々への非難なのです。
(了)

sponsored link



LINEで送る
Pocket



Comment

CAPTCHA